日本語、ポルトガル語で対応します。お気軽にお問い合わせください。
Atendimento em portugues. Mande perguntas via LINE ou Whatsapp

WhatsApp chat
LINE

電子ビザと通常のビザの違い【ブラジル渡航編】

行政書士

ブラジルに行くことが決まったらまず考えなければならないのがビザの取得についてです。

ブラジル ビザ
検索

なんてやったらいろいろな情報があると思いますし、ビザの取得の方法について手取り足取り教えてくれる親切なサイトもありますから、便利な世の中になりました。はい。

 

家や出先でインターネットを経由して申請し、メールなどでビザが受け取れるんですから便利極まりないですよね。

さて、
そんなビザですが、オンライン申請ができるようになってすでに日が経ちましたが、在日ブラジル総領事館ではいまだにビザの発給を行っております。

現状は観光や商用といったいわゆる「短期滞在査証」についてのみ電子申請によるビザの発給を行っているためですが、領事館での同ビザ発給も継続されていますので、その電子申請による電子ビザと通常のビザの違いを見てみたいと思います。

はっきりって大まかな違いはありませんが・・・

電子ビザのメリット

家のパソコンやスマートフォンで(比較的)簡単に申請でき、領事館に行く必要がない

申請費用が安い

電子ビザのデメリット

エラーになった時や不具合になった場合のサポートがわかりにくい

クレジットカードでの支払い

パソコンやネット環境がないとやや難しい

ビザをプリントアウトしておかないといけない

通常ビザのメリット

申請の翌日には発給されるので、緊急渡航には助かる

パスポートにビザが貼り付けられるので、失くしたりうっかり期限切れといったことは避けやすい

通常ビザのデメリット

申請・受理のために2回領事館へ行かないといけない

申請実費が高い

 

私の個人的な意見もありますが、特にビジネスマンで何度も渡航される方は、行くたびにプリントアウトをしなければならない電子ビザより、海外へ行く際の必需品であるパスポートにビザが貼られていた方が無難だし、失くさないから、という理由で領事館発行の通常のビザを好む方が多いそうです。

ブラジルへ行かれる方それぞれのニーズに合わせたビザの取り方を考えてみました。