出生証明書や婚姻証明書の取寄せを代行しています

 

出生証明書、婚姻証明書、死亡証明書の取寄せを代行で行っております。

出生証明書は結婚手続き、帰化申請、親族関係を証明するためなど、

婚姻証明書は、再婚の際に備考欄に離婚に関する記載があるかを確認するため、

あるいは夫婦関係を証明するためなどに用いることが多いです。

死亡証明書は、相続人の中にブラジルに移民してしまった人がいる場合に

その方に相続する権利がなくなっていることを証明するために手配することがあります。

お急ぎやお困りの際には一度お問合せください

12月1日証明書取得についての専用ページを設けました。

こちら→http://2avia.honda-office.info/

 

 

ブラジル観光・商用のビザの電子化運用が間近に

11月28日追記

ブラジルのビザ取得のご依頼とパスポート更新のご依頼がそれぞれあり、申請サイトへ
移行したところ、いつのまにやらできているじゃありませんか!!!

 

名称はe-visaなんですね。ブラジルの電子ビザは。 アメリカやオーストラリアがESTAとかETASでしたっけ?

そういう感じとはちょっと違うシンプルな具合で。

ブラジルに渡航する際にわざわざ領事館まで足を運ぶ必要が今後なくなるのは、渡航者にとってはありがたいですね。

経過を見守りたいと思います。
 

 

いよいよブラジルの観光と商用のビザが電子化される模様。
米国のESTAのようになるかと個人的には想定しています。

年末までに米国とオーストラリアが対象となり、
2018年2月までにカナダと日本が対象となる。

領事館に行く手間が省けるのは非常に便利だが、
システム導入の費用を負担するためにビザ代があがる気もします。

http://www.brasil.gov.br/turismo/2017/09/sistema-de-vistos-eletronicos-comeca-a-funcionar-no-final-do-ano

https://catracalivre.com.br/geral/mundo/indicacao/brasil-passara-emitir-visto-eletronico-para-americanos/

色々と時間を要しております(ストやら混雑やら)

ブラジルのパスポート更新、申請から発行まで2か月近くを要しています。

混雑のため、とありますが、本人申請であればかなり時間は短くできているようです。

ブラジルの公証役場(Cartorio)発行の出生証明書や婚姻証明書、死亡証明書ですが

発行までは早いのですがEMSを取扱いする郵便局がストライキのため止まっております。

10日以上経っても日本に到着していないものがあります。

《ブラジル》19日より郵便局でスト=営業面では大きな支障なしも

お急ぎの方はDHL等別の方法も検討されたほうが良いような気がしています。

ブラジルから取り寄せる各種証明書は、士業の方からのご依頼も増え、9月末現在で50通を超えました。

引き続きご依頼を頂いた際には迅速にご手配できるよう対応したいと思います。

ややこしや
公印認証・アポスティーユ認証・領事館認証

学校書類にご注意ください

ブラジルがハーグ条約に加盟したことから、日本の書類の法的効力や事実の証明を行う場合は、いままでの公印認証&領事館認証という手続きから、アポスティーユ認証のみでOKとなりました。 という話は以前ご紹介致しました。

ブラジルのハーグ条約加盟

結婚手続きのため、戸籍謄本や出生届受理証明書などの公的書類にアポスティーユ認証を取り付けて、海外へ発送してほしい、というご依頼を数件頂きました。

“ややこしや
公印認証・アポスティーユ認証・領事館認証” の
続きを読む