出生証明書の転記について -transcrição-

ブラジル政府発行の出生証明書の第2版(2a-via:セグンダヴィア)を

手配しなければいけないのにどうしていいかわからない、そんな方が

このページにたどり着いているかと思います。

きっと帰化申請あるいは結婚に際し独身証明書(婚姻要件具備証明書)を

市役所から求められ、それを領事館で発行してもらうのにまずは

出生証明書が必要になった! そんな場合なんだと思います。

出生証明書の取寄せ代行についてはこちらをご覧ください。

 

領事館発行の出生証明書と転記について

ブラジル国籍者の子供が日本で生まれ、ご両親がその子供の出生を領事館に

届け出るとブラジル領事館によって出生証明書が作成されます。

東京、あるいは名古屋、場合によっては浜松の領事館になります。

領事館が発行する出生証明書は、あくまで仮の出生証明書であり、ブラジル本国に

『転記』を行わないとブラジル国内での法的な効力を得ることができません。

ブラジルで法的効力を持たせるには、領事館で発行された出生証明書をブラジルの居住地に最も近い第一登記役場(Cartório do 1º Ofício de Registro Civil)へ転記しなければならない。ブラジルに居住地がない場合は連邦直轄区の第一登記役場(Cartório do 1º Ofício de Registro Civil do Distrito Federal)へ転記しなければならない。

在東京ブラジル総領事館HPより引用:http://cgtoquio.itamaraty.gov.br/ja/rrrr_(nascimento).xml

 

子供の出生ののち、この「転記」の作業を行っていないと、婚姻要件具備証明書に

必要となる「ブラジル政府発行の出生証明書の第2版」を発行することができません。

在東京ブラジル領事館の場合

http://cgtoquio.itamaraty.gov.br/ja/rrrrrrrrr_(declaracao_de_estado_civil).xml

申請者の婚姻状況を証明する6ヶ月以内に発行されたブラジルの書類
(原本とそのコピー)

‐未婚者(solteiro(a))の場合:6ヶ月以内にブラジルで再発行された出生証明書 (2 via da certidão de nascimento com menos de seis (6) meses de expedição por cartório de registro civil no Brasil)

在名古屋ブラジル領事館場合

http://nagoia.itamaraty.gov.br/ja/__rrrrrrr__.xml

*在外公館で発行された証明書(出生、婚姻、死亡など)を提出する場合は、事前にブラジルの第一登記所(Cartório do 1º Ofício)にそれらの証明書を転記する必要があります。また備考欄に記載事項がある場合、「備考欄に記載事項あり」と記載されているのみでなく、その記載事項すべての内容が明記されている必要があります。

 

転記をするには

「委任状」を作成します

弊所ブラジルパートナー宛に委任状を作成していただきます。

当該委任状は単純なものではなく、居住地を管轄する領事館にて作成する公的な

委任状になります。作成に際しては領事館出頭が必要となり、日程を調整したうえで

領事館に同行させていただきます。なお、名古屋領事館の場合には別途交通費・出張費を頂いております。

EMSでブラジルへ送付し、登記役場へ転記の作業を行います

ブラジル領事館発行の出生証明書と委任状をEMSでブラジルへ送り、

現地役場へ転記をします。受任者は委任状を作成していただいた弊所ブラジルのパートナーとなります。

転記作業はだいたい20日くらいかかります。

完了したら転記完了済の出生証明書の原本を日本へEMSでお送りします。

転記にかかる費用

東京領事館管轄地の場合 ¥135,000-(税込)

名古屋領事館管轄地の場合 ¥160,000-(税込・東京⇔名古屋往復交通費含)

以下の料金を含めております。

領事館発行の出生証明書発行手数料
委任状作成費・発行実費
EMS送料2回分 (1.日本⇒ブラジル 2.ブラジル⇒日本)
ブラジル登記役場転記手数料
登記役場出生証明書発行手数料実費
弊所+パートナー手数料
移動交通費実費
出生証明書和訳(1通)

料金は目安です。
事情をお伺いしたうえで分割も承りますのでお気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ブラジルの出生証明書について(ブラジル領事館発行編)

 

ブラジルの出生証明書について、連載します。

出生証明書は、出生した子供の届出をした役場が発行します。

ブラジル国籍の方に子供が生まれた場合、日本の役所に出生届をしたのち

お住まいの地域を管轄するブラジル領事館に出生届を提出することになっています。

領事館発行の出生証明書 はその届出をした領事館のみ、発行が可能です。

生まれたときは東京だったけど、今は関西にいる、あるいはその逆だとしても

届出をした領事館に再発行を依頼することになります。

ただし、

ブラジルに転記をしている場合には、発行することができません。

 

 

 

 

またEMSが遅れ、そのまま仕事納めとなりました

12月はまた出生証明書の手配が多くなりました。

こちらのサイトからのお問合せが急に増えたようです。

11月からの案件もそうでしたが、ブラジルからのEMSが総じて遅れ気味の

傾向にあります。

今日12月28日の時点でも、ブラジルを12月13日に出発したEMSが

世界のどこかに止まったままのような状態になっており、ヤキモキし

そのまま今年を終えてしまうという展開になりました。

 

入管では永住や在留資格変更、在留資格認定証明書など、なんとか年内に返答を

いただきたいなぁ という案件がすべてペンディングになったまま年越しとなり

これらの案件も無事許可をいただければ、と願いながらとなりました。

 

2018年もよろしくおねがいいたします。

 

出生証明書や婚姻証明書の取寄せを代行しています

 

出生証明書、婚姻証明書、死亡証明書の取寄せを代行で行っております。

出生証明書は結婚手続き、帰化申請、親族関係を証明するためなど、

婚姻証明書は、再婚の際に備考欄に離婚に関する記載があるかを確認するため、

あるいは夫婦関係を証明するためなどに用いることが多いです。

死亡証明書は、相続人の中にブラジルに移民してしまった人がいる場合に

その方に相続する権利がなくなっていることを証明するために手配することがあります。

お急ぎやお困りの際には一度お問合せください

12月1日証明書取得についての専用ページを設けました。

こちら→http://2avia.honda-office.info/

 

 

色々と時間を要しております(ストやら混雑やら)

ブラジルのパスポート更新、申請から発行まで2か月近くを要しています。

混雑のため、とありますが、本人申請であればかなり時間は短くできているようです。

ブラジルの公証役場(Cartorio)発行の出生証明書や婚姻証明書、死亡証明書ですが

発行までは早いのですがEMSを取扱いする郵便局がストライキのため止まっております。

10日以上経っても日本に到着していないものがあります。

《ブラジル》19日より郵便局でスト=営業面では大きな支障なしも

お急ぎの方はDHL等別の方法も検討されたほうが良いような気がしています。

ブラジルから取り寄せる各種証明書は、士業の方からのご依頼も増え、9月末現在で50通を超えました。

引き続きご依頼を頂いた際には迅速にご手配できるよう対応したいと思います。