どんどん難しくなる ブラジルパスポート申請

タイトルのまんまです。

難しいです、ブラジルパスポート申請。

オンラインでの申請書類作成、および書類のアップロードなので便利といえば便利なのですが申請するまでの書類の準備のハードルが高いように感じました。

まずちょっと、必要書類について整理したいと思います。

必要な書類は以下です。なお18歳以下の未成年は割愛しました。

男性

・出生証明書(結婚している場合には婚姻証明書)
・兵役証明書
・選挙人番号と現在の状況が『問題ない』状態でないといけない。

女性

・出生証明書(結婚している場合には婚姻証明書)
・選挙人番号と現在の状況が『問題ない』状態でないといけない。

※女性は兵役がないので、2点のみです

男女共通:在留カード、古いパスポート(あれば)

オンラインで作成する書類は2種類

領事館の事前申請・予約システムである”E-Consular”にて、事前に情報を入力します。
同時に、E-Consularとは別のオンライン申請書作成システムにて申請書のオンライン作成を行います。
このE-Consularと、申請書作成ページが異なるのがややこしいですね。

※申請書作成ページはこちら↓(英語はありますが日本語はないです)
https://formulario-mre.serpro.gov.br/sci/pages/web/ui/#/instrucoes-iniciais-pacom

E-Consularという領事館システムでは書類の写真を撮ったりしてアップロードしなければ
なりません。
すべての書類が完全にそろっていて問題や不備がなければ領事館への出頭日を表示することができるようになり、あるいは、郵送申請を選択できるようになります。

兵役や選挙関係の手続きに阻まれる手続き

パスポート申請をするためには、最低限ブラジル国籍者としての義務を履行している必要があり、それが兵役と義務投票の2点です。

兵役は免除申請をしていなければ、領事館への出頭と手続きを求められます。
その時点で郵送申請や代行はできない、と考えていただいて良いと思います。

一方、選挙手続きが済んでいない場合には、オンラインの申請サイトから登録などを行う必要があります。当初は兵役と同様本人が領事館へ行かないといけない手続きでしたがコロナの影響もあって申請はオンラインへと変更されました。
そして出頭の代わりに、身分証と自分の顔をスマートフォンで一緒に撮って送るという本人確認を行います。成人してから数年経過している場合には義務投票に行っていない、ということで罰金の支払いあるいは免除手続きも行う必要があります。

そういうわけで、
申請のための準備の申請手続きが非常に煩雑で骨の折れる作業です。

結婚、役所手続き、帰化等々パスポートが必要となる機会は少なからずあると思います。
煩雑ではありますが、国の方針なので仕方ないといえばそうなりますし、ブラジル国籍でいることに違和感を感じるのであれば、帰化申請を検討されるのが良いと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です