婚姻要件宣誓書の証人は不要になりました!

先日名古屋領事館の更新情報をお伝えしましたが、東京の領事館でも同じように証人が不要となりました。
※静岡県を管轄する「在浜松ブラジル総領事館」はいまのところ動きがありません※

いままでは、ブラジル国籍の方2名とともにブラジル領事館に行って婚姻要件宣誓書(独身証明とか、婚姻要件具備証明書とか言われる書類です)の申請・発行をしておりました。

これからは、申請者本人が必要書類をe-consularにアップロードして
領事館の事前チェックを受けまして、OKになると予約が取れるようになりますので
申請日を予約して、領事館に行く、という感じですね。

気を付けるのは
1.有効なパスポート
2.発行から6か月以内の出生証明書 が必要ということ。

パスポートが失効していても受け付けるという情報もありますので、失効しているかたは直接領事館に相談してみてください。
※更新してもすぐに結婚で姓が変わり、またパスポート申請をしなくてはならないという手間を理解してくれるようですが、それで入籍できるかはまた別問題です※

出生証明書はブラジルから取り寄せる必要があります。
日本生まれで、ブラジル本国に届け出ていない方は、転記の作業が必要になるのでご注意ください。

ひとまず、

ブラジル国籍の方の結婚に際して結構この手続きがやっかいですぐに入籍できない!という方が多かったので、一組でもそうやって困ってしまう方が減ることを願ってやみません。

名古屋は証人が不要に。~婚姻要件具備証明書~

先日、SNSに投稿しました。

名古屋の領事館から案内をいただきました。
要は

婚姻要件具備証明書(独身証明や婚姻要件宣誓書ともいわれる書類です)の申請に際し今まで必要だった証人2名は不要になりました。

という案内。

ブラジル国籍の方二人を連れて領事館に行く必要がありまして、いまの若い世代の方々が結婚をするのにかなりの障壁だったんですよね。

それが不要になりました。 と言う通知でした。

ブラジルで法令が変わったがどうかわかりませんが、HPの案内からも証人にかんする記載は削除されていました。

申請書も変わるはずです。

東京領事館についてはまだ公式な連絡はありませんがおそらく不要になると思います。

朗報ですね。

本年も宜しくお願い致します。と、帰化のお話

あっという間に年が明けました。

本年も宜しくお願い致します。

事務所近くの神社で初もうでをしまして、そのあとおみくじを引いたのですが

幸先のいいことに『大吉』でした。

が、「商い」については

『利益少ない』んだそうです。

今年も頑張ります。

さて、

帰化申請のスタート地点から分からない!

というお問い合わせがありましたので、ご説明させていただきます。

国籍を変える手続きは「帰化申請」と言います。

申請をする先の役所は「法務局」です。

お住まいの区や市を管轄する法務局に問い合わせてください。

(実際にはお住まいの地域を伺って、サイトをご案内しました)

まずはそこで相談予約をする必要がありますが、

相談をして、特に問題なさそうであれば必要書類の一覧をくれますので、それにそって書類が揃えば申請をすることが出来ます。

問題なければ申請から1年程度で、日本国籍を取ることができます。

今年、帰化を考えている方は是非、法務局がどこにあるかから調べてみてください。

2022年もありがとうございました。

本日28日をもって2022年の営業を終了とさせていただきました。

自分でも驚き、対応できないくらいのお問い合わせやご依頼などいただきました。

本当にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。

2023年は1月5日から営業を始める予定でおります。

この機会に、改めて取り扱い業務と、お問い合わせの中でも特に多いものについてご紹介させていただこうと思いました。

まず、取り扱い業務としましては「ブラジル国籍」に関わる方が多いです。

その方々の「在留手続き」と「帰化申請」が多かったです。

また、

日本でお生まれになったブラジル国籍の方の身の回りの手続きで、「出生証明書」の取り寄せや、「婚姻要件具備証明書」(独身宣誓書、独身証明)のお問い合わせ、また、出生証明書のブラジル本国への「転記」など、日本語ではなかなか情報が出ていなかったり、詳しい説明が無いところについてのお問い合わせ、ご依頼が多くありました。

11月に入ってからは、パスポートの申請代行依頼が多くありました。

以前は領事館に行けばなんとかなっていましたが、コロナの感染拡大によって領事館自体の窓口システムが変わり、e-consularというオンライン申請システムになってからは、完璧に書類を整え、事前にチェックが済んでからでないと領事館に申請に行けないということになり、申請までたどり着けない方が多くいらっしゃったようです。

特に、兵役や選挙に関する手続きがどうしても出来ないので、代行してほしい、という方が多かったです。
どちらの手続きも日本語での案内が無く、ブラジル本国でのオンライン手続きを要するためにかなりの労力がかかりました。

円安によって、領事館手数料が上がりました。なかなか大変な時代です。


値上げといえば、弊所も事務所や自宅の家賃値上げ、また、インボイス制度に移管する関係で、手数料の値上げを1月から行わせていただく予定にしております。

ご理解いただいたうえで納得してご依頼していただけるように、今一度気合を入れ、効率化を常に意識して、ご満足いただけるサポートをして行けたらなと思っております。

あと今年は、ブラジルと日本の手続きに強いブラジル人弁護士さんと提携して、離婚のブラジル側の登録手続きをできるように整えました。
日本側で離婚は成立しているがブラジルでの届出が難しい、という方がいらっしゃいましたらお問い合わせください。

それでは、よいお年をお迎えください。
そして
2023年も宜しくお願い致します。

ブラジルパスポートの更新手続きについて

パスポートに関するお問い合わせや検索からこの記事にたどり着いてくださった皆様、ありがとうございます。

コロナ禍の前は、領事館に書類を持っていけばなんとかなっていたパスポートの申請ですが、コロナになって領事館での受付人数に制限ができるように、e-consularというオンライン申請・事前承認と予約のシステムが導入されてからは、それができなくなってしまいました。

さらに、申請書類や身分状況についての証明が整っていない場合には申請ができなくなっています。

具体的には

・日本で結婚したのに、婚姻届を領事館に出していない
・日本で離婚したのに、離婚の届出をブラジルにしていない

といったケースでは、まずそれらの手続きを済ませてからパスポートの申請をしなさい、という指示が入ってきます。

また、18歳以上の成人であれば「選挙権」に関する登録を、男性の場合にはさらに兵役の登録を済ませていなければ、パスポートの申請はできません。


最近はパスポートが有効でないと、結婚の際に必要となる「婚姻要件具備証明書」の発行や、帰化申請に必要な「国籍証明書」の発行が受けられないと言った、トラブルではないですが手続きが行き詰ることが多々起こっております。

なので日本で結婚や日本国籍への帰化を検討されていらっしゃる方は、とにかくまずご自身のパスポートが有効なのか、失効している場合にはパスポートの更新のために必要となる兵役と選挙関係の手続きを終えることを強くお勧めいたします。