婚姻要件宣誓書の証人は不要になりました!

先日名古屋領事館の更新情報をお伝えしましたが、東京の領事館でも同じように証人が不要となりました。
※静岡県を管轄する「在浜松ブラジル総領事館」はいまのところ動きがありません※

いままでは、ブラジル国籍の方2名とともにブラジル領事館に行って婚姻要件宣誓書(独身証明とか、婚姻要件具備証明書とか言われる書類です)の申請・発行をしておりました。

これからは、申請者本人が必要書類をe-consularにアップロードして
領事館の事前チェックを受けまして、OKになると予約が取れるようになりますので
申請日を予約して、領事館に行く、という感じですね。

気を付けるのは
1.有効なパスポート
2.発行から6か月以内の出生証明書 が必要ということ。

パスポートが失効していても受け付けるという情報もありますので、失効しているかたは直接領事館に相談してみてください。
※更新してもすぐに結婚で姓が変わり、またパスポート申請をしなくてはならないという手間を理解してくれるようですが、それで入籍できるかはまた別問題です※

出生証明書はブラジルから取り寄せる必要があります。
日本生まれで、ブラジル本国に届け出ていない方は、転記の作業が必要になるのでご注意ください。

ひとまず、

ブラジル国籍の方の結婚に際して結構この手続きがやっかいですぐに入籍できない!という方が多かったので、一組でもそうやって困ってしまう方が減ることを願ってやみません。

ブラジルパスポートの更新手続きについて

パスポートに関するお問い合わせや検索からこの記事にたどり着いてくださった皆様、ありがとうございます。

コロナ禍の前は、領事館に書類を持っていけばなんとかなっていたパスポートの申請ですが、コロナになって領事館での受付人数に制限ができるように、e-consularというオンライン申請・事前承認と予約のシステムが導入されてからは、それができなくなってしまいました。

さらに、申請書類や身分状況についての証明が整っていない場合には申請ができなくなっています。

具体的には

・日本で結婚したのに、婚姻届を領事館に出していない
・日本で離婚したのに、離婚の届出をブラジルにしていない

といったケースでは、まずそれらの手続きを済ませてからパスポートの申請をしなさい、という指示が入ってきます。

また、18歳以上の成人であれば「選挙権」に関する登録を、男性の場合にはさらに兵役の登録を済ませていなければ、パスポートの申請はできません。


最近はパスポートが有効でないと、結婚の際に必要となる「婚姻要件具備証明書」の発行や、帰化申請に必要な「国籍証明書」の発行が受けられないと言った、トラブルではないですが手続きが行き詰ることが多々起こっております。

なので日本で結婚や日本国籍への帰化を検討されていらっしゃる方は、とにかくまずご自身のパスポートが有効なのか、失効している場合にはパスポートの更新のために必要となる兵役と選挙関係の手続きを終えることを強くお勧めいたします。

ブラジルのパスポート取得には何が必要なんですか?

っていう、お問い合わせがありました。

そこから!?

って一瞬思ってしまったんですが、いろいろと話しをうかがうと、必要書類自体は見たけれど、いったいなんのことかさっぱりわかんない、っていうことでした。

無理もないと思います。
特に、ブラジルでの居住歴のない方にとっては、イミフな書類ばかりですからね。
私にとってもそうです。私、日本国籍でブラジルパスポートは持っていないですが
ここ10年くらいずっとこういう件に関わっているので、理解はしているつもりです。

まずは領事館サイトを見てみてください。

在東京ブラジル領事館のパスポートに関する案内はこちらですhttp://cgtoquio.itamaraty.gov.br/ja/rrrrrrrrrr.xml

在名古屋ブラジル総領事館のパスポート案内はこちら
http://nagoia.itamaraty.gov.br/ja/rrrrr(rrrrrr).xml

つまづくのは
1.兵役証明書
2.選挙関係の証明書
3.出生/婚姻証明書 です

仕方ないです。だって、日本に住んでいたら何ら関係のない話のように聞こえますもん。

1.兵役証明 は、18歳から45歳までの男性には義務となっているブラジルの徴兵制度への登録の証明書になります。同時に、ブラジル国外に住んでいる場合には兵役が免除されるので、免除申請も済んでいる必要があります。 
済んでいない場合には、まずこの手続きを済ませないと、という話になります。

2.ブラジル国外に住んでいるブラジル国籍の方は、4年に1度行われる大統領選挙に投票する必要があります。投票済の証明がないとパスポート申請ができません。 
 

ここで必要になるのは、選挙人であるという登録が済んでいること。
登録済みの場合には選挙人としての番号が与えられています。
無い場合にはまず登録をする必要があります。
続いて、選挙で投票をしていない場合などは、罰金を払うか、投票に行けなかった事情を送信する必要があるようです。
これらの手続きを済ませて、選挙人としての状況が「正常」である証明書がないとパスポート申請までこぎつけることができません。ハードル高いですよね・・・

ちなみに、1.2.両方の手続きとも、ブラジル国籍者であれば義務です。
日本に住んでいるからとかそういうことはなく、義務なんです。 

3.最後は出生証明書です。 結婚している方の場合には婚姻証明書が必要です。
 出生証明書については、ご両親に聞いてみてください。 

日本に長く住んでいてパスポートを使う機会がないからとパスポート更新を怠っている方が増えているようですが、パスポートが唯一国籍を証明する書類となっているケースにおいて、パスポートの有効期限が切れているせいで就職できなかったり、いろいろな不具合があるという方のご相談が増えております。

ぜひこの機会に、改めてパスポートの状況をご確認ください。

在日ブラジル領事館領事館情報<2020.10.05更新>

コロナの感染拡大で色々と社会が急激に変わりましたが、ブラジル領事館での一般窓口の扱いも変わってきましたので、ご案内いたします。

まず、日本には東京と名古屋に領事館がありまして、個人的な印象としてはやはり名古屋のほうが、管轄地域に居住するブラジル国籍の方が東京と比較すると圧倒的に多いからか、名古屋の領事館のほうがフレキシブルに対応してくれる半面、手続きマニュアルがしっかりしていて、その通りに進めれば問題なくできる、という印象があります。

また、さまざまな手続きの情報も名古屋の領事館サイトのほうが詳しく書かれている印象があります。

名古屋の領事館が管轄する岐阜・愛知・三重・静岡・滋賀だけで在日ブラジル人の総数の半数以上がいるから驚きです。

E-Consularというシステムが導入されました@在名古屋領事館

さて、

その名古屋の領事館ですが、あらゆる手続きをE-Consularというシステムに入って、オンラインで申請書を作成し、証明書類は写真を撮ったりスキャンしてアップロードを事前に行うというシステムに変わりました。多分9月1日かそれより少し前から運用がスタートしているようです。

https://ec-nagoia.itamaraty.gov.br/

このシステムは名古屋独自のものではなく、他国内にある在外公館でも使用しているようですが、東京の領事館では導入されていません。(2020/10/05現在)

登録の方法は割愛させていただきますが、ログイン後、行いたい手続きを選択し、申請書を作成するように、個人データを入力していきます。

さらに当日提出する必要がある書類については、JPEGかPDF形式でのアップロードを求められます。

この作業をこちらが進めることで、領事館のほうでは申請書の内容や添付書類に不備が無いかを事前に確認することができるようです。 
その作業が終わると、領事館に行く日を予約することができます。

問題は、この申請サイトがポルトガル語のみで英語もまだ装備されていないため、ポルトガル語を理解できる方がいない場合には作業が進められないことです。
(お困りでしたら作業を代行しますので、LINEからご相談ください)

東京はメールまたは電話での予約の後、領事館へ

東京のブラジル領事館では、現時点ではまだメールまたは電話での予約ののち、申請書類一式をもって出頭、という流れになっております。

他方、郵送でできる手続きは極力郵送で、という案内を全面に出しておりますが、大体の手続きは本人出頭を求めているため、なかなか難しいところがあるように思います。


日本に居るブラジル国籍の方も多様化しており、そのニーズに対応するのは非常に大変だと思うのですが、名古屋領事館のE-Consularはなかなかのシステムでして、今後間違いなく東京領事館でも導入されるでしょうし(アドレスがブラジル外務省なので)
そうなると、便利になる半面、デジタル慣れしていない世代の方々には不便でしょうがないシステムかもしれません。 

今後の運用を見守りたいと思います。