帰化申請の動機書は手書きですよ

この時代に手書きかい!と思うなかれ。
日本語の読み書き能力も判断されてると思ってしっかり書きましょう!

帰化申請の動機書を書くにあたって注意する点は申請者本人が自筆、
つまり
パソコンは不可、で仕上げなければいけないことです。

なお15歳未満の申請者については不要です。

動機書には帰化をしたい理由を具体的に書きますが、帰化をしたい理由
と言われてもパッと思い浮かばないかもしれませんね。

『帰化がしたいから帰化の申請をするんだ』ということになりますが、
一つ一つの理由について『なぜそうなのか、なぜそうなったのか』
自問自答し、掘り下げていくことで動機書は仕上がっていくと思います。

帰化申請はつまり「日本国籍を取得すること」になりますが、

日本国籍を取得するとどうなるのか、取得しなかったらどうなってしまうのか』

まずその辺りを少し考えてみてください。

そして

日本国籍を取得するとこうなるであろう、という想いや希望について、
そうなって欲しいと思ったのはなぜか、

例えば日本国籍を取得すれば
公務員になれる、ですとか、そういった理由でもいいですし、
今まで日本人のように生活してきたのに日本人ではないという
その実態が嫌だ、
とか、
そういった事を一つ一つ掘り下げていくことによって
色々なことの動機が出てきますので、それを箇条書きにしてから、
一つの文章になるように仕上げるのがよろしいのかなと思います。

これは私の一つのノウハウを公開しているようなものですが、やり方は
いろいろありますのでご自身に合ったやり方で自分を見つめなおす機会に
されてみてはどうでしょうか?