証明書取寄せの状況です(11/26更新)

営業自粛や制限により、時間がかかります

コロナウイルス感染者数が世界3位の規模になってしまった
ブラジルですが、州・市や地域によって証明書を発行する役場の業務時間が
短縮されていたり、週に2日しか開いていないなど、営業制限などに
差が見られます。

一方で経済活動再開の動きも見られ、時短営業ではありながらも証明書の発行は
多少の時間を要することはありますが、発行ができております。

国際郵便EMSの停止継続により、発送は引き続きDHLのみ です。

ブラジル日本間の国際郵便が止まってしまいました。

そのため、現在日本⇔ブラジルの書類のやり取りは国際郵便以外となっております。

弊所では、ブラジルからの発送はDHLを使用しており、ブラジルから
発送されてからこちらに届くまでにだいたい5日程度を要しております。

いろいろと制約が多く、時間もかかりますが取得自体が不可能ではありませんので
お気軽にご相談ください。

弊所のHPはこちら


また、
領事館の案件によっては、電子発行された出生証明書(Certidao Digital)
認めているようなので、領事館に相談されたうえで電子発行された出生証明書を
ご希望の場合にはご相談ください。

電子発行はだいたい3~5日で手に入ります。 
1件5,000円の手数料と、発行に際し1000円程度の実費が必要となります。

弊所では、PDFで発行された出生証明書の取得代行も可能です。
(ただし、それによる不都合についての責任は負いかねます)