婚姻要件宣誓書の証人は不要になりました!

先日名古屋領事館の更新情報をお伝えしましたが、東京の領事館でも同じように証人が不要となりました。
※静岡県を管轄する「在浜松ブラジル総領事館」はいまのところ動きがありません※

いままでは、ブラジル国籍の方2名とともにブラジル領事館に行って婚姻要件宣誓書(独身証明とか、婚姻要件具備証明書とか言われる書類です)の申請・発行をしておりました。

これからは、申請者本人が必要書類をe-consularにアップロードして
領事館の事前チェックを受けまして、OKになると予約が取れるようになりますので
申請日を予約して、領事館に行く、という感じですね。

気を付けるのは
1.有効なパスポート
2.発行から6か月以内の出生証明書 が必要ということ。

パスポートが失効していても受け付けるという情報もありますので、失効しているかたは直接領事館に相談してみてください。
※更新してもすぐに結婚で姓が変わり、またパスポート申請をしなくてはならないという手間を理解してくれるようですが、それで入籍できるかはまた別問題です※

出生証明書はブラジルから取り寄せる必要があります。
日本生まれで、ブラジル本国に届け出ていない方は、転記の作業が必要になるのでご注意ください。

ひとまず、

ブラジル国籍の方の結婚に際して結構この手続きがやっかいですぐに入籍できない!という方が多かったので、一組でもそうやって困ってしまう方が減ることを願ってやみません。

e-consular 登録方法

ブラジルのパスポートの更新手続きをご依頼頂く方は
まず領事館のオンライン事前登録システム
「e-consular」に登録をお願いします。

その際、私がログインできるように後程パスワードをお教えいただくので
登録するメールアドレス用のログインパスワード以外のパスワードで
新規登録するようお願い致します。

東京の領事館で手続きをする方は以下から
https://ec-toquio.itamaraty.gov.br/

名古屋の領事館で手続きをする方は以下から
https://ec-nagoia.itamaraty.gov.br/




1.まずサイトを開いたら日本語を選択し、右上の「ログイン」をクリック/タップ




2.続いて左下あたりにある「アカウント登録がない方」をクリック



3.メールアドレスを入れます



4.メールアドレス宛に届く認証コードを入れます




5.パスワードを設定します

パスワードは、E-CONSULAR用に簡単なものでokですが、8文字以上が必要です




6.連絡先情報を記入します

記入後、左下の「送信」をクリックすれば登録完了となります。

完了後、メールアドレスとパスワードをお知らせください。


E-Consular について

在名古屋ブラジル総領事館の新しいオンライン申請システムについて最新の状況をお届けしたいと思います。

少し前の投稿記事でも書きましたがコロナによる営業自粛制限が始まってから在名古屋ブラジル総領事館では対応を完全オンライン予約制とし、申請書類作成もオンライン上で行うようになりました。

今まで紙ベースで作成していた全ての情報をインターネット上で入力し総領事館に送信、同時に、提出する書類の写真やスキャンなどをアップロードし、内容について領事館の確認が出来次第、領事館に行く日を予約できる。 そんな感じです。

これによって領事館では、申請内容についての提出書類などが正しいかどうかの確認を事前に行うことができるようになったため、領事館での手続きの時間自体は非常に短くなりました。(先日は30分以内で二つの手続きが完了していました)

一方で、インターネット上で申請書を作成し、添付書類のアップロードが済まないと領事館に行く日の予約ができないため、とりあえず領事館に行って質問をしたい、確認をしたいと言う事はできなくなりました。

問い合わせはすべて領事館に対してEメールを送る必要があります。
メールは日本語でもポルトガル語でも対応していただけており、返信は翌々日には帰ってきて感じです。

このシステムについて個人的には2点ほど問題があると思っています。

1つはこのオンライン申請書作成ポルトガル語にして現時点では対応していないこと。

日本で生まれ育ちポルトガル語がわからないブラジル国籍の方には障壁を感じるかもしれません。ポルトガル語のわかる知り合いがいないと、さらにはパソコンないしはスマホが無いと、なかなかコトが進まないことになると思います。

もう1点は例外的なケースに対応できないと言う点があると思います。

つまり例えばパスポートが失効しているとか、必要書類が揃わないというようなイレギュラーケースにおいて、書類のアップロードができず、その書類のアップロードができないのゆえに予約までたどり着けないと言うことが起こってしまいます。(結構あります)

すべての人に対応するシステムを構築するのは難しいとは思います。

ですが、在名古屋ブラジル総領事館の管轄地域内だけで在日ブラジル人は122,000人(東京管轄内は約58,000 )と非常に多いですから、少しずつでも改善していかれることを望みたいと思います。

なお弊所ではオンラインでの書類作成から予約の段取りなどに対応することも可能ですので、お困りの際はLINEやメールからお問い合わせ頂ければと思います。