婚姻要件宣誓書の証人は不要になりました!

先日名古屋領事館の更新情報をお伝えしましたが、東京の領事館でも同じように証人が不要となりました。
※静岡県を管轄する「在浜松ブラジル総領事館」はいまのところ動きがありません※

いままでは、ブラジル国籍の方2名とともにブラジル領事館に行って婚姻要件宣誓書(独身証明とか、婚姻要件具備証明書とか言われる書類です)の申請・発行をしておりました。

これからは、申請者本人が必要書類をe-consularにアップロードして
領事館の事前チェックを受けまして、OKになると予約が取れるようになりますので
申請日を予約して、領事館に行く、という感じですね。

気を付けるのは
1.有効なパスポート
2.発行から6か月以内の出生証明書 が必要ということ。

パスポートが失効していても受け付けるという情報もありますので、失効しているかたは直接領事館に相談してみてください。
※更新してもすぐに結婚で姓が変わり、またパスポート申請をしなくてはならないという手間を理解してくれるようですが、それで入籍できるかはまた別問題です※

出生証明書はブラジルから取り寄せる必要があります。
日本生まれで、ブラジル本国に届け出ていない方は、転記の作業が必要になるのでご注意ください。

ひとまず、

ブラジル国籍の方の結婚に際して結構この手続きがやっかいですぐに入籍できない!という方が多かったので、一組でもそうやって困ってしまう方が減ることを願ってやみません。

名古屋は証人が不要に。~婚姻要件具備証明書~

先日、SNSに投稿しました。

名古屋の領事館から案内をいただきました。
要は

婚姻要件具備証明書(独身証明や婚姻要件宣誓書ともいわれる書類です)の申請に際し今まで必要だった証人2名は不要になりました。

という案内。

ブラジル国籍の方二人を連れて領事館に行く必要がありまして、いまの若い世代の方々が結婚をするのにかなりの障壁だったんですよね。

それが不要になりました。 と言う通知でした。

ブラジルで法令が変わったがどうかわかりませんが、HPの案内からも証人にかんする記載は削除されていました。

申請書も変わるはずです。

東京領事館についてはまだ公式な連絡はありませんがおそらく不要になると思います。

朗報ですね。

在日ブラジル領事館領事館情報<2020.10.05更新>

コロナの感染拡大で色々と社会が急激に変わりましたが、ブラジル領事館での一般窓口の扱いも変わってきましたので、ご案内いたします。

まず、日本には東京と名古屋に領事館がありまして、個人的な印象としてはやはり名古屋のほうが、管轄地域に居住するブラジル国籍の方が東京と比較すると圧倒的に多いからか、名古屋の領事館のほうがフレキシブルに対応してくれる半面、手続きマニュアルがしっかりしていて、その通りに進めれば問題なくできる、という印象があります。

また、さまざまな手続きの情報も名古屋の領事館サイトのほうが詳しく書かれている印象があります。

名古屋の領事館が管轄する岐阜・愛知・三重・静岡・滋賀だけで在日ブラジル人の総数の半数以上がいるから驚きです。

E-Consularというシステムが導入されました@在名古屋領事館

さて、

その名古屋の領事館ですが、あらゆる手続きをE-Consularというシステムに入って、オンラインで申請書を作成し、証明書類は写真を撮ったりスキャンしてアップロードを事前に行うというシステムに変わりました。多分9月1日かそれより少し前から運用がスタートしているようです。

https://ec-nagoia.itamaraty.gov.br/

このシステムは名古屋独自のものではなく、他国内にある在外公館でも使用しているようですが、東京の領事館では導入されていません。(2020/10/05現在)

登録の方法は割愛させていただきますが、ログイン後、行いたい手続きを選択し、申請書を作成するように、個人データを入力していきます。

さらに当日提出する必要がある書類については、JPEGかPDF形式でのアップロードを求められます。

この作業をこちらが進めることで、領事館のほうでは申請書の内容や添付書類に不備が無いかを事前に確認することができるようです。 
その作業が終わると、領事館に行く日を予約することができます。

問題は、この申請サイトがポルトガル語のみで英語もまだ装備されていないため、ポルトガル語を理解できる方がいない場合には作業が進められないことです。
(お困りでしたら作業を代行しますので、LINEからご相談ください)

東京はメールまたは電話での予約の後、領事館へ

東京のブラジル領事館では、現時点ではまだメールまたは電話での予約ののち、申請書類一式をもって出頭、という流れになっております。

他方、郵送でできる手続きは極力郵送で、という案内を全面に出しておりますが、大体の手続きは本人出頭を求めているため、なかなか難しいところがあるように思います。


日本に居るブラジル国籍の方も多様化しており、そのニーズに対応するのは非常に大変だと思うのですが、名古屋領事館のE-Consularはなかなかのシステムでして、今後間違いなく東京領事館でも導入されるでしょうし(アドレスがブラジル外務省なので)
そうなると、便利になる半面、デジタル慣れしていない世代の方々には不便でしょうがないシステムかもしれません。 

今後の運用を見守りたいと思います。  

(最新)ブラジル国籍者との婚姻手続きについて

日本国籍×ブラジル国籍

非常に多くの方が検索をし、当HPに来られているようですので、最近のケースも踏まえたブラジル国籍者との婚姻手続きについて、ご説明します。 続きを読む