本年も宜しくお願い致します。と、帰化のお話

あっという間に年が明けました。

本年も宜しくお願い致します。

事務所近くの神社で初もうでをしまして、そのあとおみくじを引いたのですが

幸先のいいことに『大吉』でした。

が、「商い」については

『利益少ない』んだそうです。

今年も頑張ります。

さて、

帰化申請のスタート地点から分からない!

というお問い合わせがありましたので、ご説明させていただきます。

国籍を変える手続きは「帰化申請」と言います。

申請をする先の役所は「法務局」です。

お住まいの区や市を管轄する法務局に問い合わせてください。

(実際にはお住まいの地域を伺って、サイトをご案内しました)

まずはそこで相談予約をする必要がありますが、

相談をして、特に問題なさそうであれば必要書類の一覧をくれますので、それにそって書類が揃えば申請をすることが出来ます。

問題なければ申請から1年程度で、日本国籍を取ることができます。

今年、帰化を考えている方は是非、法務局がどこにあるかから調べてみてください。

GW連休の休みと帰化申請の受任について

いつもありがとうございます。

ゴールデンウイークの連休にかかる弊所の営業ですが、
4月29日から5月8日までお休みとさせていただきます。

5月2日、5月6日は平日ですが既存のお客様の対応等に専念させていただきたいと思っております。

お問合せ等はメールまたはLINEからいただければ幸いです

~帰化申請について~

最近帰化申請にかかるお問合せとご依頼を非常に多くいただいております。

マンパワーの都合や、帰化申請自体が完全予約制で案件がどうしてもスタックしてしまう都合、新規でのご依頼をいったんストップさせていただくこととさせていただきました。

何件か申請間近の案件がありますので、少し落ち着きましたら改めて再開する予定です。

大変申し訳ございません。よろしくお願いいたします。

なお、

ご依頼とは別に帰化申請を検討されている方は、ぜひブラジルのパスポートが有効かどうかご確認ください。
パスポートが失効していると、帰化に必要となる「国籍証明書」の取得ができません。

パスポートの更新は結構時間と手間がかかります。

こちらもご参照ください

それでは、よろしくお願いいたします。   

今年も帰化申請、頑張ります

~セミナーの講師をさせていただきました~

 弁護士の先生方で活動されている団体から、帰化申請のセミナーの講師の依頼の話をいただきまして、人生で初めて講師をさせていただきました。

 いやはや緊張しまして、終わった解放感と共に緊張の糸が切れたように胃に激痛がやってきましたが、それはさておき。

 依頼された経緯や内容はここでは割愛いたしますが、人生初めての経験をさせて頂く機会を与えて頂いた、人とのつながりと、参加していただいた先生方にはこの場をお借りして改めて感謝申し上げますとともに、この機会によって、頭の中に散らかっていた帰化申請に対する知識や、手続き、作業の手順、関係法令など、改めてしっかりと見つめ向かい合い、そして取りまとめる大変貴重な機会となりました。

 これを機に、さらに帰化申請についての知識を深めるとともに、日本国籍の取得を真剣に考えている皆様のためにもお役に立てるよう、改めて努力したいと思った次第であります。

 今のところ帰化申請のお問合せと受任している件数が多いこともあって、一部の方にはご依頼を少し待っていただいているような状況が発生しておりますが、効率的に作業を進め、申請できるように努力しておりますので、何卒宜しく宜しくお願い致します。

帰化申請の申請書一式はこれ!

作成書類は主にこれらとなります。

別ウインドウはこちら

これとは別に、収集すべき書類がその方の状況に併せてあります。
大変そうだ、時間がなさそうだ、という場合には、お近くのあるいは信頼できそうな行政書士に依頼してしまったほうが良いでしょう。

費用対効果か。 手数料は投資かもしれません。

書類を収集し、作成していくにはそれなりの時間と労力がかかります。
その時間と労力を金額に換算すると、じつは依頼してしまった方が安いかもしれません。

費用・手数料はそれなりにかかっても日本国籍は人生ずっと持ち続けるものですからね。

帰化申請の状況について 4/21

不要不急は避ける という原則・・・

この記事をみていただいているみなさま、おかわりありませんか?

私は、元気です。

自粛で家にいて、いろいろと考えたりする時間がありますね。

メルカリで本や雑誌を買ったり、この機会に長年使ったdocomoから
LINEモバイルに乗り換えたり、普段なかなかできないことができるのは
ありがたい、と思わなければいけないのでしょうが、
そういうことができるのも、健康であってこそ!

気をつけましょう、お互いに。

さて。

帰化申請と結婚に関するお問い合わせが非常に多く、対応がすこし
遅れています。

もともと事務所での仕事を減らし、時短でやっていて、しかも
未だに確定申告をしていない、というのも理由にあります(汗

で、

帰化申請ですが、どこの法務局でも「不要不急」であれば
相談や申請のための来庁は、お控えください という案内になっています。

面談や相談をする部屋はだいたい個室で、換気が悪いですし
その中で場合によっては1時間以上いるのは、相談者・担当官の
双方にとって好ましい状況ではありませんもんね

というわけで

帰化申請を早くしたい!と思うみなさま、
少しのあいだ、法務局へ行くのはお控えください。

そのかわり

できる準備をどんどん進めたらよいと思います。

なにかお困りでしたらご相談ください。
(返信は遅れ気味ですが・・・)

ではでは。